テニスの練習後にメモを取ろう!あなたのメモには数万人に役立つ価値がある⁉︎

テニスのコツ

 

テニス上達のためなら手段を選ばないジロギン(@akiramenaiuta)です!

 

私が社会人になってテニスを始めたばかりの頃、このような記事を書きました。
テニス上達のために私が行っていることの1つです。

メモを取ることで仕事もスポーツも成長スピードが上がる!
みなさんこんにちは!ジロギンです。 突然ですが、あなたは普段メモを取ってますか? テニスのみならず、他のスポーツや、勉強、仕事などメモを取る機会ってどれくらい設けているでしょうか? 私は大学を卒業し

 

内容を簡単にまとめると、
「テニスの練習をしたら、良かったところや反省点をメモにとっておきましょう」
ということです。

 

かれこれ数ヶ月、練習後はメモを取ってきました。
やはり上達に役立っているなと感じています。

 

今回は改めてメモを取る重要性と、「あなたの書いたメモがとても価値のあるものなんだ」ということについて紹介します。

 

スポンサーリンク

メモはすぐに振り返れる

やはり、メモを取る上で一番役立ってくれているなと感じるのは、「前回の練習内容をすぐに振り返れる」という点です。

 

私は週1回テニススクールで練習しています。仕事の関係(あとお金もなくて…)で、週1回くらいがせいぜいです。

でもですね、正直、週1回のテニスだけでめきめき上手くなるかというと、難しいです。

 

普通に練習していたのでは、 先週できなかったことを思い出しているうちに練習終了!となることが多いです。
これでは、せっかくお金を払って練習しているのに、もったいないですよね。

 

ですが、メモを取っておくと、練習前に振り返りができます。

「先週はフォアハンドが上手くいかなかったから、回転をかけることを意識しよう」
「ボレーのネットミスが多かったから、面を見ることを意識しよう」
「ダブルスで勝てなかったから、パートナーと声を掛け合うようにしよう」

できなかったことを練習前に思い出せれば、どこを重点的に練習すればいいのか自分でもわかります。
メモがあると振り返りができ、効率よく上達できるのです。

 

実際に私も、数ヶ月練習を積んで、試合で勝利することもできています。

8年ぶりのテニスの試合で勝利!課題も得意なこともたくさん分かった!
こんにちは!ジロギン(@akiramenaiuta)です! 昨日、私は約8年ぶりにシングルスの大会に出場しました!「プチシングルス大会」という大会です。 その中の初級者の大会に参加しました!(人数的の関係で、初級

 

メモを使った練習が、少しずつ実を結んでいると実感しています。

 

このブログもメモ

テニスとともに始めたこの「テニスのジロギン。」。
ある意味このブログ自体が私にとってのメモでもあるんです!

 

このブログでは、私が練習の中で学んだことや、使ってみて良かったテニスグッズのレビューなどを書いています。

もちろん、私と同じようにテニスをやっている方に向けて情報発信しています。
でも、書いている私自身も、たまに記事を読み返しています。

 

自分で練習後にメモを取っていますが、それは忘れない程度の走り書きです。
ブログとして、自分以外の人が読んでも理解できるようまとめることで、自分の考えを整理できます。

 

「テニスのジロギン。」は、テニス初心者向けの情報を伝えるブログでもあり、私自身の「テニスの教科書」にもなっているのです。

 

メモが役立つのはあなただけではない

私のブログのように、自分のためにまとめたメモが役に立つのは、何も自分だけとは限りません。

 

2018年4月、「テニスのジロギン。」は、ありがたいことに
1万回以上読まれ、5700人もの人に訪れていただきました!

この数字は毎月上がり続けており、5月は1.5倍以上の方に読んで頂けそうなペースです。

 

私はテニスのプロでもなければ、コーチや上級者でもありません。
ただの初心者テニスプレーヤーです。

しかし、そんな私が練習の中で感じたことが少しでも人の役に立てているんだろうなと、この数字から実感します。

 

もしあなたがテニスの練習でメモを取っているのであれば、それが何千人、何万人にとって役に立つ情報になるかもしれません。

たかがメモですが、その価値は無限大なのではないか?

と私は思います。

 

テニスに限ったことではありません。
仕事・趣味・特技・経験…
その中であなたがメモを取ったことは、あなただけが持つかけがえのない情報になるでしょう。

1つのメモが、大きな財産になるかもしれません!

 

もし今、あなたが取ったメモがあり、副業などにも興味があるのならば、以下のサイト「MemoTize」を参照してみてはいかがでしょうか?
メモを活用したマネタイズについて0から解説してくれています。
詳細はこちらから 

 

これからメモをとって活かしていこうという方も参照してみてください!